So-net無料ブログ作成
検索選択
十二類合戦絵巻 ブログトップ
前の10件 | -

物語の真のヒーロー・狸 [十二類合戦絵巻]

この話の真の主人公は狸である。歌道に思い入れの深い、風雅を愛する狸。。。だが、その志は薬師如来の眷属である十二獣には受け入れられない。春日大社の鹿、稲荷の狐のような側面が狸には。。。。ないのである。
PIM0113.jpg
十二獣への攻撃作戦中の狸軍。右の威勢のいいのは蓮台野の狼

狸は「他抜き」=他を抜く、からきているという。それなら勝負事の世界で崇められても良さそうなものだが、「他を出し抜く」といったマイナスイメージの小ずるいイメージのほうが大きいのかも知れない。

しかし、信楽のひょうきんな焼き物にも見られるように、狸は愛すべきキャラクターである。人間に内在する欲や、我、それに哀しいような滑稽さを託すのは、狸がもっとも激しているのかも知れない。

狸が援軍と頼む鳥獣、古狐、熊、狼、トビ、詐欺、梟、カラス、猫、てん、イタチ、ミミズクなどは、単純に小ずるさや獰猛さに徹しているような表情をしている。それなのに長である狸だけは、性格に正邪の幅があり間ぬけである。神獣と戦いという、だいそれた行動を起こすにも関わらずどこか人の良ささえかんじさせるものがある。
PIM0111.jpg


これは、一旦敗戦して隠れている狸の所に、トビが夜襲を誘いにくる場面であるが、この狸の表情。ぽかんと口を開け、まるで人ごとのように聞いている。そのあと、結局夜襲にでかけるのだから、乗せられやすいというか、哀れというか、単純というか。。。

物語の面白さというのは、完璧なヒーローではなく、完全な悪者でもなく、その狭間を行ったり来たりの魅力的で優柔不断な脇役によって決定づけられる。そしてこの脇役はしばしば主役の座を乗っ取ってしまう。この狸はまさにそういうキャラクターなのだ。

PIM0126.jpg
再び破れて後、狸は鬼に化け、十二獣をかみ殺しにいこうとする。。。これは水鏡で鬼になった姿を見ている所。水面にちゃんと反面の顔が写っている。。。

PIM0127.jpg
腹鼓で念仏踊りをする狸。 戦ったことなどウソのような愉悦の表情である。

歌会の歌 それぞれの表情 亥/猪 [十二類合戦絵巻]

亥/猪

しなかとりふす亥の床の山かせに
雲もさはらぬ月をみるかな

PIM0103.jpg

PIM0088.jpg

PIM0135.jpg

狸軍に夜討ちをかけられた場面 腰の抜けた猪は馬に助け起こしてもらっている

猪の存在はなんだかぱっとしない。「猪突猛進」「猪武者」などというイメージにもかかわらず、絵巻の中では活躍がほとんど見られない。どちらかというと、のんびりした柔和な表情が印象的である。

歌会の歌 それぞれの表情 戌/犬 [十二類合戦絵巻]

戌/犬

さとの戌の月みる秋の夜半たにも
ほしまもるとや人のおもはむ

PIM0102.jpg

PIM0092.jpg

PIM0114.jpg

鹿と狸に「異類の者は帰れ」と告げる犬

PIM0136.jpg

狸の化けた鬼に吠えかかる犬

「十二類合戦絵巻」の中では、犬は鹿や狸を追い返そうとしたり、狸の正体を見破ったりと、狸の次に活躍している存在である。常に人間の側にいるという距離の近さが活躍の場につながっているのだろうか。

歌会の歌 それぞれの表情 酉/鳥 [十二類合戦絵巻]

酉/鳥

つれなしとゆふつけ酉のなくなへに
かけほのめかすあり明の月

PIM0118.jpg

PIM0091.jpg

battle.jpg


一枚目の歌会での穏やかな表情に比べて3枚目の狸を糾弾するときの陰険な目つきといったら。。。

歌会の歌 それぞれの表情 申/猿 [十二類合戦絵巻]

申/猿

月をのみみやまおろしはしくるとも
空くもら申秋の夜もかな

PIM0117.jpg

PIM0087.jpg

PIM0131.jpg

狸軍との戦いで、前線で活躍するのは牛、馬、虎などの大型動物ではなく、猿、兎、鼠といった小動物である。宴の時に真っ赤な顔でへべれけになっている姿に比べて3枚目のりりしいこと。。。。

歌会の歌 それぞれの表情 未/羊 [十二類合戦絵巻]

未/羊

めくりきて月みる秋に又なりぬ
これや未のあゆみなるらむ

PIM0116.jpg

PIM0094.jpg

PIM0107.jpg


羊というよりは山羊に見える。。。そもそも日本には羊は棲息せず、いたのは高地に住む羚羊(カモシカ)だった。。。モデルは羚羊。。。それならまだ分かる。。。。しかし日頃親しんでいないせいか、表情にあまり変化がなく、活躍ぶりも地味である。。。(しかしカモシカは実はウシ科である。ウシ科ヤギ亜科)

歌会の歌 それぞれの表情 午/馬 [十二類合戦絵巻]

午/馬

あふさかや關のこなたにまち出て
よるそこえぬるもち月の駒

PIM0105.jpg

PIM0086.jpg

PIM0112.jpg

狸を蹴っている場面 かなり積極的に見える

詞は
       けふせてくれむ(蹴臥せてくれむ)   怖い怖い。。。。。
      

歌会の歌 それぞれの表情 巳/蛇 [十二類合戦絵巻]

巳/蛇

月巳れはうさもわするる秋の夜を
なかしとおもふ人やなからむ

PIM0123.jpg

PIM0099.jpg

戦の場、野宿の場に蛇は鎧着用で登場していない。蛇は十二獣の中で唯一女性であるらしい。
一枚目は歌会、二枚目は宴の場である。一枚目は上衣を着ているが、二枚目「きぬうちぬきて」の略装である。
宴のでは 

         酒はひとくち
             のみぬいまは
                きぬうちぬきて
                      のひのひと
                           ねはや

とのたまう。やはり蛇は誘惑的な魔性の存在である。目つきも妙に色っぽい。しかし、この蛇、耳がついている気がするんだけど。。。

歌会の歌 それぞれの表情 辰/龍 [十二類合戦絵巻]

辰/龍

あまつ空うき辰雲もこころして
月をはらさぬよそのむら雨

PIM0122.jpg

PIM0095.jpg

霊獣の威力と存在感はさすがである。。。堂々たる十二獣の頭。。。
PIM0129.jpg

歌会の歌 それぞれの表情 卯/兎 [十二類合戦絵巻]

卯/兎

あけかたの月のひかりのしろ卯さき
みみにそたかき松かせのこえ

PIM0119.jpg

PIM0090.jpg

PIM0132.jpg

3枚目の兎が妙にりりしい。。。ちなみにこの時、虎は木の陰でおびえている。。。。猿や兎の小動物の方が果敢に戦っている戦闘シーン

前の10件 | - 十二類合戦絵巻 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。