So-net無料ブログ作成

クルミ割り人形の怪物ネズミ [子]

ネズミと言えば、私の衣装の仕事に関わるのだが、クリスマスの定番のバレエ、チャイコフスキー作曲、「くるみ割り人形」にでてくる悪役のネズミ達がいる。物語の主役、くるみ割り人形の敵役である。このネズミは俵の端をかじって逃げるような可愛らしいネズミではなく、まさに怪物ネズミである。親分は7つの頭、7つのしっぽを持つ八岐大蛇顔負けの巨大ネズミ。ネズミ軍団とくるみ割り人形率いる兵隊達の戦闘シーンは、その後ロマンチックなシーンの連続となる「くるみ割り人形」において、圧巻のシーンである。
DSC02417.JPG


これはそのネズミ達の衣装である。怪物ネズミなので、目は真っ赤。ハツカネズミの可愛い赤い目とはずいぶん印象の異なる赤目である。照明が当たるとさらにぎらぎらと不気味であった。
DSC02407.JPG


タグ:バレエ衣装

撮影:京町家 [子]

俵のネズミが米食ってちゅう。。。

とくれば、撮影はやはり日本家屋でしょう。これまではすべて自然の中で撮影してきたので、今年は初の屋内撮影である。京都の友人が改築した町家は、梁に藁縄をくくりつけた意匠の面白い空間である。俵も藁縄も、共に稲の藁から出来ているものなので、イメージがつながるかな。。。と思ったのだが、位置が少し高すぎて、結局町家らしい障子と塗り壁のを背景に撮ることにした。

ネズミの天敵は猫である。なぜネズミの天敵は猫なのか。十二支選抜にあたり、猫はネズミのせいで出遅れたからだと昔話は伝えている。
写真の構図では、チーズを狙ったネズミを猫が狙っているという情景をシルエットで表現してみた。
DSC01750.JPG

今年の撮影は一度で終了! 初の快挙である。


衣装コンセプト・子 [子]

ネズミの色というのは灰色、白、黒。。。と、モノトーンで収まってしまうが、それでは面白くないので、和のイメージでまとめようと思っている干支シリーズではあるが、あえて洋のネズミの好物。。。エメンタールというトムとジェリーなどでおなじみの穴あきチーズ。。。をイメージした衣装を作ることにした。
DSC01633.JPG


子・鼠のイメージ [子]

子という字は了(おわる)に一(はじまり)と書く。ゆえに子は十二支の第一席に位置しているという。

「ずいずいずっころばし」でも「おむすびころりん」でも、ネズミと米は関係が深いようである。ネズミは約一万年前から人類の住居近くで生活している、といっても犬のように共生するのではなく、ネズミの語源が不寝見、寝盗みと言われているように、歓迎されざる存在であったようである。また、根住の国(=地下の国)=根の国=黄泉の国と、ネズミにはやはりいい印象は与えられていないようである。
  
ネズミはまるっきり悪者なのか?ネズミの仲間にはリス、カピバラのように好意を持って受け入れられるものもいるが、ビーバー、ヤマアラシのように迷惑がられている仲間もいるのも多いようである。

ネズミ族の先祖はパラシスという60センチ位の大型哺乳動物で、進化するに従って小型化して行ったようであるが、進化することによって小型化したのはネズミ族だけらしい。同時代に大型化していった動物、最たるものは恐竜であるが、顕著に巨大化したものは次々に絶滅した。そのなかでネズミ族は現在世界に800種、日本に20種という繁栄ぶり。ねずみ算といわれるごとく、繁殖力も旺盛である。例えば2匹のネズミが一月に12匹生むと一年後には277億匹になるそうで。。。

どのような環境にも対応し、人類絶滅後の地球征服者はおそらく彼らであろうとも言われる由縁である。
PIM0055.jpg
「絵師草紙」より

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。